哲学と「よい」社会(続き2の続き)

今日(28日)、シェレール(René Schérer)に会い、2時間余りお話を伺った。

ドゥルーズの個人的な思い出、「68年5月」あるいはパリ5月革命とユートピアの観念、ガタリのこと、フランクフルト学派とりわけベンヤミンとドゥルーズとの可能な関連付け、政治と倫理、社会主義とアナーキズム、シェレ-ル自身の思想とドゥルーズ哲学とのつながり等々について、ぶっつけ本番で質問した。

いやな顔ひとつせず、率直にお答えして頂いた。しかし、夏以降に、さらに具体的な質問を準備してもう一度お訪ねし、より詳細なご回答を頂けることになった。

今回の対話は助走であって、シェレールの回答は或る意味で暫定的なものであるから、今はその回答を詳細には書けない。

ただ、シェレールとドゥルーズとの個人的関係は、われわれがこれまで考えていたよりも深くはなかったことを報告しておこう。しかし、理論的には、空想的社会主義者と言われるフーリエと、フランクフルト学派の思想家とみなされてるベンヤミンと、ドゥルーズ/シェレールとを結ぶ紐帯があるという、シェレールの主張も報告しておこう。
関連記事
検索フォーム
プロフィール

財津理

Author:財津理
思想研究家
法政大学教授
連絡先:za10@hosei.ac.jp

主な翻訳(共訳を含む)
ドゥルーズ『差異と反復』(河出書房新社)
ドゥルーズ『経験論と主体性』(河出書房新社)
ドゥルーズ/ガタリ『哲学と何か』(河出書房新社)
ドゥルーズ『シネマ1*運動イメージ』(法政大学出版局)
モニク・ダヴィド=メナール『ドゥルーズと精神分析』(河出書房新社)
メルキオール『現代フランス思想とは何か』(河出書房新社)
メルキオール『フーコー 全体像と批判』(河出書房新社)
オニール『言語・身体・社会』(新曜社)

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
FC2カウンター