『差異と反復』第二章第1段落注釈1

第二章 それ自身へ向かう反復 

反復 : 何かが変化させられること
【第一段落、原書p96、旧訳ハードカバー版p119、文庫版上p197~198】

1  反復は、反復する対象において、何も変化させないが、その反復を観照する精神に
2 おいては何かを変化させる。ヒュームのこの有名なテーゼは、わたしたちを問題の核心に
3 つれてゆく。反復は、〔事例や要素の〕それぞれの提示=現前化は完全に独立しているという
4 ことを権利上〈折り込んでいる〉のだから、どうして反復は、反復する事例や要素において
5 何かを変化させることがあろうか。反復における不連続性と瞬間性の規則は、〈一方が消え
6 てしまわなければ、他方は現れない〉と定式化される。例えば、瞬間的精神としての〈物質の状態〉
7 である。しかし、反復はできあがるそばから壊れてゆくものである以上、どうして、「二番目のもの」、
8 「三番目のもの」、また「それは同じものだ」という言い方ができようか。反復は、即自を有していないのだ。
9 そのかわり、反復は、その反復を〈観照する〉精神において何かを変化させるのである。
10 そのようなことが、〈変容〉の本質である。ヒュームは、たとえして、〈AB、AB、AB、A・・・・・〉
11 というタイプの、事例の反復をとりあげている。それぞれの事例、つまりそれぞれの客観的な
12 シークエンス〈AB〉は、ほかの事例つまりシークエンス〔AB〕から独立している。反復は、
13 (ただし正確には、ここでは まだ反復とは言えないのだが)、対象においては、つまり
14 〈AB〉という〈物の状態〉 においては、何も変化させない。そのかわり、観照する精神のなかに、
15 〈ひとつの変化〉が生産される。すなわち、ひとつの差異が、つまり何か新しいものが、
16 精神のなかに生産されるのである。Aが現れると、いまや私は、Bの出現を予期する。
18 これこそが、反復の構成に必然的に関与せざるをえない或る根源的な主観性としての、
19 反復の〈対自〉なのであろうか。反復のパラドックスとは、以下のようなことではないだろうか。
20 すなわち、反復を 観照する精神のなかにその反復が導き入れる差異つまり変化による以外には、
21 すなわち、精神が反復から〈抜き取る〉或る差異による以外には、反復を語ることができないということ.。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『差異と反復』第二章 第一段落 注釈

以下の注釈は、「注釈」とは言っても、ドゥルーズのテクストの「解読」である。そこには、テクストについての私の視点からする疑問の提起と、その疑問をめぐる私自身の考察が含まれる。したがって、この注釈は『差異と反復』についての、弱点が目につく解読である。

【】の記号のなかは出典などを示しているので、読むのが煩わしい読者は、省略してさしつかえない。


注釈1

1~2行目の「反復は、反復する対象において、何も変化させないが、その反復を観照する精神においては何かを変化させる。」という文章は、その直後に「ヒュームのこの有名なテーゼ」とあるように、ヒュームの『人性論』の叙述を指している。ドゥルーズは、早くも、彼の処女作『経験論と主体性』において、同様のことを述べていた。【ドゥルーズ『経験論と主体性』河出書房新社p92、ヒューム『人性論』(一)岩波文庫、第一編第三部の第十二節~第十四節、とりわけ『人性論』(一)p212、241~242、p254~255、p260を参照。】

ドゥルーズは、『人性論』のごちゃごちゃした叙述を選択的に問題にしている。ここでは、ドゥルーズは、「物質の状態」あるいは「物の状態」と「精神」とを区別して、両者における「事例の反復」を比較対照しながら、二種類の反復、物質における反復と精神における反復の特徴を記述する。もちろん、物質と精神の区別の根拠はどこにあるのか、いや、そもそも物質とは何か、精神とは何かと、問わなければならないだろう。これについては、以下で、考察しよう。

「反復する事例や要素」の「事例(フランス語ではcas)」とは、具体的には〈AB、AB、AB、A・・・・・〉という反復における〈AB〉である。さらに具体的には〈チックタック、チックタック、チックタック、チック・・・・・〉の〈チックタック〉が事例である。この「事例の反復」は開いている。つまり最後の〈チック〉の後に何が来るか、あらかじめ決定されていない。

それに対して、「要素」とは、第二章の第4段落で示されるように,ベルクソンにおける〈A、A、A、A〉というタイプの反復における〈A〉を指す。さらに具体的には〈チック、チック、チック、チック〉の〈チック〉を指す。これは、ベルクソンの『意識に直接与えられているものについての試論』の例である。【白水社『ベルクソン全集1』、p119参照】この反復は、閉じている。ベルクソンの説明では、時刻を知らせる時計の打音である。4時の打音が問題にされている。つまり、音が四つなったら終わりである。しかしそれにしても、時刻を知らせる時計の打音が〈チック〉だというのは、少し変ではないかと思われるかもしれないが、以下に述べるように、ドゥルーズはちゃんと考えて、このような例を提示している。

「反復を観照する精神」の「観照する」とは、どのようなことをすることだろうか。その原語は《 contempler コンタンプレ》である。私は、ドゥルーズが用いるこのフランス語を「観照する」と訳した。訳語「観照する」で、科学的な意味での観察でもなく、私たちが日常行っている意志的な観察でもなく、たんなる写生主義の「視」でもない、或る受動的な「見える」、「聞こえる」という状態を指し示そうとした。

ちなみに、ヒューム自身は、《 observe 》、《 contemplate 》という英語を用いている。岩波文庫訳では、「観察する」、「熟視する」と訳されている。『人性論』の文脈では適切な訳である。

では、精神とは何か、そして、瞬間的精神としての「物質の状態」とは何か。

表に出されていないが、ここでドゥルーズが参照している著作は、ベルクソンの『精神のエネルギー』の冒頭に置かれた「意識と生命」という論文(英語での講演にもとづく)の「意識・記憶・予想」という節である。

ドゥルーズは、ヒュームの文脈に、いきなり断りもなくベルクソンの話をつなげているのだが、そうしたやり方は、『差異と反復』という哲学書の書き方(コラージュ)なのである。

『差異と反復』の「はじめに」では、こう述べられている。「哲学史は、絵画における或るコラージュの役割にかなり似た役割を演じるべきだと、わたしたちには思われる。哲学史とは、哲学そのものの再生=再生産である。哲学史における報告は、正真正銘の分身=複製として振舞わなければならないだろうし、その分身=複製に固有の最高度の変容を包含しなければならないだろう。」【ハードカバー版p17、文庫版上p18、ただし訳文を少し修正した。今後、訳文の修正については、言及しない】

さて、ドゥルーズの視点から、ヒューム/ベルクソンにおける「精神」と「物質の状態」に話を戻そう。

(次回に続く。できるだけ勤勉に、しかし寿命を縮めないようなペースで、注釈を書いていくつもりである。なお、すでに書いた文章を、後になって変更する場合もある。)                       


関連記事
検索フォーム
プロフィール

財津理

Author:財津理
思想研究家
法政大学教授

主な翻訳(共訳を含む)
ドゥルーズ『差異と反復』(河出書房新社)
ドゥルーズ『経験論と主体性』(河出書房新社)
ドゥルーズ/ガタリ『哲学と何か』(河出書房新社)
ドゥルーズ『シネマ1*運動イメージ』(法政大学出版局)
モニク・ダヴィド=メナール『ドゥルーズと精神分析』(河出書房新社)
メルキオール『現代フランス思想とは何か』(河出書房新社)
メルキオール『フーコー 全体像と批判』(河出書房新社)
オニール『言語・身体・社会』(新曜社)

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
月別アーカイブ
FC2カウンター